根性論を捨てて、かしこく意思力を身につける

勉強しないと!

でもテレビを見てしまう…

間食はしない!
と決意したのについお菓子に手が伸びる…
やらなきゃならない、やめなきゃならないのはわかっているのにできない。
そんな自分を責めていませんか?
そんな自分はダメな人間だ、意志が弱い、
気持ちが弱い、と精神論で自分を追い詰めるのは悪循環です。
そう思うより考えるべきは、どうすれば出来るようになるか
今日は、脳科学的に明らかになったことをもとに、どうすれば自分の意志を実行できるかについて説明します。
まず、一つ目の方法は、深呼吸をすること。
驚くほど簡単なことですが、実際私も実践してみて効果を実感しています。
例えば、
テレビの前から離れられないという時に、ゆっくり深呼吸をするんです。
私は深呼吸に加えて、
「今は勉強するのが先だよな〜」と心の中で自分に言い聞かせています。
そうすると、気持ちがスッと勉強の方へ向いていきます。
ダイエットの場合も同じ要領です。
目の前のお菓子に手が伸びてしまった時、
ゆっくり深呼吸をするんです。
すると、手に取ったお菓子を再度手放している自分がいることに気づきます。
実際これは、脳の研究によって裏付けられています。
人間の脳の前頭前皮質という部分には、誘惑に打ち勝って食べない力とやると決めた勉強をやる力、つまり、やらない力やる力をつかさどる機能があるそうです。
研究によって、深呼吸がその部分を機能させ、意志力を発揮できる生理学的状態にすることができる、ということがわかってきました。
また、前頭前皮質には、
自分がどうありたいのかという意志を忘れない、望む力に関係する部分があり、
研究では、睡眠不足によって、望む力の働きが低下することもわかっているそうです。
睡眠不足になると、それまで自分は絶対こうするんだ!こうありたいんだ!これを目指すんだ!
と思っていたことを、もういいや〜と投げやりになってしまいやすい、ということですね。
今日挙げたのは、精神論を超えて、好きな自分になるための方法の一つです。
とても簡単すぎることなので、そんなバカなと思えるかもしれませんが、試してみてください。
ちょうど今、学校もテストモードなので、やるべきことを実行できる自分にするための方法を、今週は投稿していきたいなと思います。
一つ目の深呼吸に加えて
あと4つの方法を予告しておくと、
二つ目は、スモールステップを刻むこと
三つ目は、将来の自分と対話すること
四つ目は、自分の大切な人を想うこと
最後に、自分自身への思いやり
です。
睡眠不足は、体調だけではなく、精神にも影響を及ぼしますので、二つ目以降は次回ということで。
image-91a84.jpg
今日の写真は、オーストラリア産のワイン、シャルドネ♡
テスト期間の土日を利用して参加した経済セミナーの前日に大阪のジャズバーで飲みました。
シャルドネは、地中海性気候(Cs)のオーストラリア南西部で生産されたワインです。
地中海性気候といえばヨーロッパを思い浮かべますが、オーストラリア南西部も忘れてはならないところですね(^^)
何でもすぐに教材になるんじゃないか
と考えてしまうのは職業病ですね(。-_-。)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる