※ お得な情報、大切な内容がありますので必ず最後までご覧ください。

こんにちは、金井志津乃です。

ここまで熱心にメルマガ講座に取り組み、この特別企画の詳細ページをご覧いただきありがとうございます。

「仕事と教採対策の両立、早く終わらせラクになりたい…」

「早く合格して経済的に安定し家族を安心させたい…」

「合格してプロポーズしたい…」

「劣等感を感じる日々、早く終わらせたい…」

でも

頭では分かっていても、やっぱり「不合格」を突きつけられるのは辛いですよね。

その気持ち、よくわかります。

高校地歴で新卒一発合格した私も、大学受験では嫌というほど「不合格」を突きつけられてきました。

全ての大学から不合格を突きつけられた時は、私も「自分は必要とされていない」と感じてしまい無力感を感じることもありました。

でも、教採ではそれを克服し、本質的な対策をやり抜き合格したことで、もう今はそんな無力感を感じることはありません。

さらに

・50代で小学校に合格

・30代で民間企業から高校英語や高校工業などに合格

・障害者枠で高校英語に合格

・高校国語2名という枠に合格

・新卒で中学保健体育に合格

など、私のところに来てくださったその年度に一発で難関合格する人たちをたくさんみてきました。

実際、二次面接まで進んだ受講生の約80%が、私の指導を受けはじめたその年度に合格してくださります。

そんな私の経験とノウハウのすべてを

この企画であなたにお届けします。

教採対策でぶつかる壁

教採合格に向けて挫折する理由は

合格レベルがわからず正しい努力の継続が困難

というところですよね。

だから

こうなってしまう原因を一言でいうと

ゴールが見えていない

ということにあります。

例えば、合格した人の隣で、毎日どんなことをして、面接ではどんな雰囲気で何を話しているのか見ることができれば「これが合格レベルなんだ」とゴールがわかります。

でも仮に合格している人の横に付いて観察したとしても、次の壁にぶつかります。

「この人と私では、経験や特性が違うから、全く同じように真似するわけにはいかない」ということです。

もちろん、合格する人には土台となる共通点があります。

でも、アピールポイントやアピールの仕方など、細かい戦略は人によって異なります。

その時に「こうなれたら合格できる!」という自分像、つまりゴールが不明確であることが、あなたの対策の足を引っ張ることがやっぱり往々にしてあるんですね。

ゴールを見据えて直進できるかが

最短ルート合格の実現を左右します。

「最短ルート」

というとラクそうに聞こえますが

短期集中で本当に必要なことに鬼努力することで、精神的・経済的に不安定な生活から脱却し、仕事とプライベートを充実させる時間を得ること。

すぐに合格する人は、ダラダラと中途半端な努力を続けることはしません。

物事に優先順位をつけて、自分の人生の中で「今、一番大事なことは何か」を見極め、一直線に取り組むからこそ、自らが望む生活を早くに得ることができます。

でもそれは

と、ゴールが明確だからこそ、無駄なく努力を一直線に積んでいけるんですね。

でも多くの人は、忙しい毎日の中で、今している対策で合格に近づけているのか不安で正しい努力をやり抜けません。

しかも、

教員不足の時代に

教採に合格するなんて楽勝!

と考えている人も少なくありません。

でも、よく考えれば倍率3倍でも、3人中2人は不合格なんです。

30人の受験者がいたら20人落ちるんですよね。

また、倍率がそれほど高くなくても、年齢が上がったり講師経験を積むほど合格するのは難しくなります。

実際に、面接官にとっても「講師経験を積んでいるんだから」と受験者に対し求めるハードルも高くなるということを考えず

こんなふうに安易に考え

なんとなく講師として働き始めたものの

こんな悪循環に陥る人もたくさん見てきました。

私も、大学受験で同じようなツライ経験をし、その辛さがわかるからこそ、安易に「何年か講師経験を積んで」なんてことは受講生には言いません。

仮に、講師経験を積むことを視野に入れるとしても、せめて講師1〜2年目で合格できる勝算を立てるべきだと思います。

働きながらの教採対策が大変で苦しんでいる受講生をたくさん見てきましたから。

終わりの見えない努力はツライものです。

でも、多くの人は、いわば地図もない状態で走りはじめて「不合格」をつきつけられた時に

と、教師としての自分自身までも否定してしまいます。

でも、あなたが教師に向いていないわけではなく、ゴールと現在地を正確に捉えて地図を持って正しい道のりを歩いていないだけの場合も多々あります。

実際、それで十数回も教採に合格できず悔しい思いをしている人も少なくありません。

最短ルートで合格する人は

次の公式に自分を当てはめています。

自分の課題は何で【=現在地】

こうなっていれば合格圏内に近づき【=ゴール】

そのためにはこの行動が必要で【=具体的な行動】

それを試験本番まで継続してやり続けられる。

これが「最短ルート」で合格する人の実際なんですね。

「とりあえず自分の課題を考えたりYouTubeやコミュニティで情報収集をしよう」

「合格体験談をたくさん見て、真似しよう」

こんな取り組みを始めてみるのも、完全にダメなことではありません。

何もせずに現状を変えようとしないよりも100倍いいです。

でもやっぱり遠回り

実際、様々な情報発信者によって言っていることが違い、逆に混乱してわからなくなった経験はありませんか?

自分自身の頭で考えて、何を取り入れるのかを判断できるのであれば良いと思いますが、それができずに右往左往して結局不合格を繰り返す人が多いのも事実です。

こんな共通点が最短で合格した人にはあるな、と気づきました。

そのための自己投資を惜しまないんですね。

数年かかって合格するところを、コーチしてもらうことでショートカットして1年で進むようなイメージ

事実、私も100万円のコンサルを受けることで半年で臨んだ結果を出した経験や、

学生の頃に叔母から40万円を借りて海外に行き新卒合格してボーナスですぐに完済した経験があります。

学生時代、教諭時代、そして今日まで、自分のスキルを高めることに投資したことで、自分が描いている未来をできる限り早く実現する経験で、自己投資が最もリターン率の高い投資であることを体感してきました

悩みますよね。

私は、「教採を受験する人は全員、私のところに来るべき」とは思っていません。

考え方の違いや性格の相性などは、人間なのでどうしてもありますからね!

あなたが「ここで頑張ろう」と思えるところをチョイスするのがベストだと私は思います。

私のところに来てくださる人は

次のような人が多いです。

「他のところで指導を受けたけど表面的な対策では合格できなかった」

「自分の未熟さと向き合って成長し、合格したい」

「本当に必要なことをハッキリ言ってほしい

こんな受講生に好まれる傾向はあると思います。

実際、受講生から話を丁寧に聞くと

「もっと根本的なところから変えないといけないのに…」

「内容ではなく伝え方の問題だな…」

「この人のもっと魅力的なところがあるのに…」

と感じることは、多々あります。

そこで私が、課題と改善するための行動をハッキリ示し、受講生がそれを実行することでその年度に合格されることが多いんですね。

最短ルートで合格するために土台のスキルを地道に高める努力が必要なことや、自分と向き合うワークに時間がかかることもあります。

自転車に乗れるまではコケたりしながらも地道に練習をしますが、乗れるようになったらあとはスイスイですよね?

それと同じイメージです。

必要なスキルが身につくまでは根気強さが必要ですが、習得すればグンと成長します。

「金井先生に

もっと早く出会いたかった」

ありがたいことに、これも受講生がよく言ってくださる言葉です。

私は、合格に必要なことを正直にフィードバックするので

「ここ、めっちゃ良くなりましたね!」とフィードバックした時の受講生の達成感や自信に満ちた顔もひとしおです。

このように、最短ルートで合格するために、本当に必要な努力をしたい人、ハッキリ指導されたい人にはオススメです!

なぜ、金井の個別指導は結果が出るのか?

「この人の雰囲気、経歴、話す内容のバランスを考えると、この路線で勝負する方がいいな」

こんな感じに受講生が面接官にどう映るかを考え指導しています。

徹底的なヒアリングを通してその人の軸を見出し、面接で表現していくべき内容をハッキリと指導しています。

面接って、その人の経歴や教育への思い、これまでの経験などすべて踏まえて、面接官が「なるほどな」「それでそう考えたんだな」と納得できることが非常に重要なんです。

受験生の経歴や経験と話す内容にズレを感じると、面接官も聞いていて腑に落ちないんですね。

その「ん?」という感情が、その受験者への不信感になり、どんなに良いことを話しても面接官の心に響かなくなります。

教員採用試験では、他受験者に勝る教師力が大前提として不可欠です。

でも実は、他社ではこの部分について指導してくれないことも多いようです。

受験者にも教師としてのプライドがあるからでしょうね。

でも私は、その点についてもテキトーな指導はしません。

改善点を明確にして行動を変えていただくことで結果にコミットできると考えているからです。

また、私の指導で結果が出やすいのは、面接官の心理を読んだ面接回答や志望動機、自己PRを作っているからです。

面接は、ただ相手に合わせるのもダメ、ただ自分の思っていることを喋るだけでもダメなんです。

この「ええ塩梅」で面接対策をしていくことも、最短ルートで合格するには不可欠なんですね。

でも…

どんなに戦略的に面接対策しても

小論文や模擬授業で評価が低いと、一貫性や整合性がなく、やっぱり最短ルートで合格することは難しいです。

面接で言っていることも素晴らしく、模擬授業や小論文でも「実力」を感じさせる。

高倍率を勝ち抜く人は、そこも抜け目ないんですね。

実際、私も模擬授業や小論文も、人一倍練習しました。

「授業うまいね!ここだけの話、あの講師よりうまいよ」と教育実習の指導教官からも言われていました。

小論文も、かつて人事採用に関わっていたような指導者から

「あなたの小論文は読みやすくて的を射た内容になっている。」と大絶賛でした。

最短ルートで合格するには

でも、面接に模擬授業、小論文などの対策をすべて誰かに納得いくまで指導してもらおうと思ったら、すごい費用がかかりそう

まさしく、その通りです。

面接も模擬授業も小論文も、全部自分が納得いくまで何回も練習や添削をしてもらったらどうなるか。

※金井がインターネットでざっと調べたものです

メジャーなスクールの相場感を見ると、上記のような感じです。

小論文の添削や模擬授業の指導、自己PR・志望動機の添削、学習相談など網羅していないところを納得できるまで追加すると、おそらく140万以上はかかります。

え!じゃあやっぱり試験直前までは自力でやるしかないのかなぁ…
でも、自力でやってもこれまで結果が出なかったわけだし、、、不安だな…。

悩ましいところですよね。

不安が残ったまま試験本番に臨むのも嫌だし、100万超えの費用を費やすこともためらいます…。

中途半端に投資して、中途半端な結果になるのは一番避けたい。

その気持ち、すごくよくわかります。

でも大丈夫です!

今回の特別企画では、

本気で教員になりたい教育への熱意ある人のために最短ルート合格に必要なものを詰め込んだ、特別なフルサポートプランをご用意しました。

7大特典

① 面接個別指導が回数無制限

面接に関する相談や面接練習など面接指導を、2023年夏の教採受験まで回数無制限で受けていただけます。

※ 個別指導は、zoom、音声、動画、LINE、メールなど随時ご都合の良いツールを使って行ないます。

費用を気にせず、納得いくまで何度も何度も面接練習できたことで面接に自信がつきました!(30代男性、小学校)

② 小論文添削も回数無制限

圧倒的に場数を踏むことが求められる小論文も2023年夏受験まで添削本数無制限です。

小論文は様々なテーマを添削指導するだけでなく、同じテーマでも納得いくまで何度でも書き直し添削させていただいております。

ほとんどの人が、たった1回の添削で良い小論文が書けるようになることはありません。

「自分で良い小論文が書けた!」というところまで何度でも添削しております。

金井先生の指導を受け、課題文の読み取りや論点に沿って書いていくことが自分の課題だと気づけました。金井先生の論理思考を粘り強く練習し、小論文がD判定からB判定に変わりました!(30代男性、中学英語)

③ 模擬授業指導が回数無制限

圧倒的に場数を踏むことが求められる模擬授業も2023年夏受験まで本数無制限です。

特に模擬授業は、教師力がそのまま評価できるわかりやすい試験ですよね。

他受験者を圧倒する授業力を身に付けるには、自分の授業を客観的な視点から厳しく指摘してもらいブラッシュアップすることが不可欠です。

指導を希望する動画をデータで送っていただき、文面や動画、音声にて指導させていただいております。

金井先生のご指摘はいつも的確で、導入の発問の仕方や構成などとても参考になりました!実際の学校現場の子供達にも還元でき、金井先生のご指導を受けて本当に良かったと思っています!(30代女性、高校英語)

④ 志望動機・自己PR・面接カード添削が回数無制限添削

徹底的なヒアリングにより、志望動機・自己PR・面接カードなどの添削も2023年の夏受験まで回数無制限でやっております。

面接官に一貫性を感じさせるために、志望動機や自己PRなど提出書類の添削では、面接であなたをアピールする伏線を戦略的につくります。

面接練習などを重ねる中で、提出書類の文章を少し修正することも、回数無制限だからこそ柔軟に対応できます。

私の言いたいことが凝縮した志望動機・自己PRになり、とても嬉しいです!こんなにこだわって書くものなんだ…と勉強になりました。(30代女性、養護教諭)

⑤ 学習相談が回数無制限

ご希望に応じて、学習計画の相談もさせていただいております。

その人の学習基盤や生活リズムなどに合わせて、使用する問題集や取り組むペース、学習で悩んだ時のアドバイスなどをしています。

※筆記試験の勉強の仕方は指導させていただいておりますが、内容を教える指導はしておりません。本プランでは、基本的に合否に直結する人物試験に重点を置いています。

金井先生に勉強の仕方を相談し、「今ので合っているからやり抜けば良い」と言っていただけることで、このまま突き進めば良いのだと自信を持ち不安が軽減しました!(20代男性、保健体育)

⑥ 教師塾AMBの動画講座・資料が期間無期限で見放題

教師塾AMBの動画講座や資料を期間無期限でご覧いただけます。

資料を随時追加することもありますが、追加される資料も金井が生きている限り永久的にご覧いただけます。

※ テキストは、冊子ではなくPDFデータです。

※ 教師塾AMBのシステムなどが変更する場合も、新システムに無料でご案内いたします。

⑦ 試験まで個別相談が回数無制限

2023年の夏受験まで、zoomなどの個別指導だけでなく、チャットなどのやりとりでの細かな相談にも対応しています。

対策を進めるなかで、色々な意見を聞いてどちらが良いのか右往左往して不安になったり

どうしようか迷いが生じた時、悩んでいる時なども金井がマンツーマンで対応します。

合格に向けて金井と一緒に頑張りましょう!

仕事で忙しい私でも、LINEや音声での通話、面接ノートの写真のやりとり、先生から個別に動画でのメッセージをいただき、「これって、どうなんだろう?」と疑問に思ったことを気兼ねなく金井先生に連絡して直接質問できるのが、とても心強かったです!(30代男性、小学校)

【速報】2022年5月からこのフルサポートプランを受けて、なんと倍率12倍(12人中1人)の枠を受験した人の合格報告がありました!!
合格者の声も、準備ができ次第掲載しますねっ!!
本当に直前は何度も何度も面接練習・模擬授業練習を重ね頑張っていたので胸熱でした✨

気になりますよね。

今回、充実した特別プランを48万円(税込)という超破格な値段でご案内します

しかも、2〜24回の分割払い可能で安心です。

正直、この価格でここまで手厚いのは他にないと思います。

でも、教採に一度不合格になった経験のある人ならわかると思いますが、やっぱり長期的に戦略を練ってコツコツ積み重ねることが不可欠であり、その積み重ね時期こそが「正しい道を歩いているのか」不安になるんですよね…。

私は、そんな人のために、長い道のりを走り抜ける伴走者として来年の夏まで長期的にサポートしたいと思っています。

教採対策はマラソンですからね。

私自身、中途半端な努力をダラダラ続けて結果を出せず「もっと早くにプロに指導してもらえばよかった」と悔やんだ経験があります。

だからこそ、過去の私と同じように結果が出ずに苦しんでいる人には、このフルサポートプランで正しい努力を積み、教採に合格することで

を取り戻していただきたいと願っております!

ただ、かなり手厚いサポートになるので、今回限りの限定で驚きの特別価格で提供することにしました。

興味がある方はまず金井の

無料相談にご参加ください。

お申し込みを迷われている人や不安がある人でも事前に直接話せるので安心です。

オンライン無料相談の条件

☑️ zoomでカメラをオンにして顔出しできる人

☑️ 本気で来年合格するために頑張りたいと思っている人

面談のスケジュールの空きがある日にちに予約を入れてください。

金井からzoomリンクを発行しますので面談日にオンラインでお会いしましょう!

必ずビデオをオンで顔出しでお願いします。

来年に向け人物試験指導をするうえでも重要ですからね。

フルサポートプランは、面談後にお申し込み可能となります。

お申し込みの3STEP

STEP
申し込みボタンをクリック

下記の申し込みボタンをクリックして申し込みページへ移動してください。

STEP
ご希望の面談日時を入力

申し込みページからご都合の良い日時を選択してください。

STEP
ZOOMにてオンライン面談

いただいた候補日をもとに日程調整をしてZOOMにて面談を行います。

当日は受講にあたって不安な点や不明点についてなんでもご質問ください。

※無理な売り込みをすることはありませんのでご安心くださいね。

▼ 期間限定 ▼

※予告なく申し込みを制限する場合がございます。

ただし

  • 教師としての指導力を指摘されてヘソを曲げる人・改善しない人
  • 自分の努力で合格しようという姿勢がなく言われたことをしない人
  • 教師としての熱意や使命感、子どもへの教育的愛情がない人
  • 依存思考・他責思考の人
  • 基本的な挨拶や礼儀のない人

上記のような人は、お断りしたいと考えています。

私のフルサポートプランでは、下記のような人を全力でサポートしたいと考えています!

こんな人を応援します!
  • 合格のため、子供のために、自分を磨く努力を厭わない人
  • 子供たちへの教育的愛情がある人
  • 基本的な挨拶・礼儀・連絡ができる人

こんな手厚いプランなので、このフルサポートプランでは、本当に熱心な方を徹底的にサポートしたいと考えています。

そのため募集枠はごくわずかで今日から3日間を申込み期限としています。

予想外にお申し込みが殺到した場合には、予告なく募集を終了することがございます。

次回募集お知らせの予定は今のところありません。

万が一仮に再募集を行なったとしても今回と同条件でのご案内はできないかもしれません。

その際は値上げする可能性もありますのでご了承ください。

ご希望の方は、今すぐお申し込みください

▼ 期間限定 ▼

※予告なく申し込みを制限する場合がございます。

このプランに申し込んだ後は、どんな流れになりますか?

申込みとご入金が確認でき次第、こちらからご登録いただいたメールアドレスに初回の個別指導の日程調整のためのメールを差し上げフルサポートを開始します。

このプランの終了日はいつですか?

あなたが受験する予定である自治体・校種・教科の2023年の二次試験の最終日程までです。

例えば、2023年8月23日(模擬授業)・8月26日(個人面接)の場合、8月26日23時59分まで指導を受けることができます。

仕事で忙しいのですが、個別指導の時間を割いていただくことは可能でしょうか?

早朝5:30から30〜60分で音声通話やzoomなどで個別指導を実施したり、なかなかリアルタイムでの日程調整が難しい場合には、チャットや動画コメントなどで指導をさせていただくなど工夫しております。

このフルサポートに申し込んでいただく人は、仕事への時間配分も調節して何とか時間を確保し、面接練習などリアルタイムでの指導の場合は、早朝・平日日中・日曜の日中などで日程調整することが多いです。

筆記試験対策で、どんな勉強をしていけばいいのかわかりません。

このプランでは、ヒアリングをしながらあなたに合った学習プランを一緒に考えます。試験まで、学習の進み具合や学習過程で困ったことなどがあれば、遠慮なくご相談ください!

もし数学でわからないところがあったら教えてもらえますか?

例えば、「この問題をどう解けば良いか」といったような、教科の内容について解説する指導は行なっておりません。

場面指導系の模擬授業を受験するのですが、指導していただけますか?

もちろんです。「場面指導」系の模擬授業も、「教科の授業」系の模擬授業も指導可能です。

小論文の添削、模擬授業の指導、面接指導を希望していますが、追加料金はありますか?

全てフルサポートに含まれているので追加料金はありません。

このプランでは集団討論の指導を受けることは可能ですか?

集団討論の指導は今回のプランに含まれません。集団討論の練習には他の参加者が必要で、集団討論指導は別途料金がかかります。

でも、「もし沈黙になったらどう対応すればいいですか?」など、集団討論に関する質問へのアドバイスは今回のプランの料金内で行なっております。

返金保証はありますか?

返金保証はありません。

教採合格に向けて最後までやり切ることを覚悟した方をお待ちしております!

このプランを受ければ合格できる保証はありますか?

どんな指導を受けようが、100%合格できる保証はありません。他責思考・依存思考の人はご遠慮ください。

「合格するために行動し変わっていくのは自分だ!」という考え方ができる人をお待ちしております。

支払い方法は何がありますか?

銀行振込、クレジットカード決済(VISA/Master/JCB/Amex/diners)が可能です。

本サービスは厳正な審査で可決され、セキュリティで国際基準を見たいしているテレコムクレジット株式会社の決済システムを利用しております。

クレジットカードで分割払いは可能ですか?

可能です。2〜24回まで分割回数を選んでいただけます。

その他、ご不明な点、ご質問などがあれば金井までお気軽にLINEでお問い合わせください。